長久手の戦いの後、岩作(やざこ)村安昌寺の雲山(うんざん)和尚が、合戦で死亡した多くの将兵の屍を集めて塚を築き、手厚く葬った後とされます。