徳川軍は、この山の山頂から四方を見渡しながら軍議を行ったといわれています。その時に家康が腰掛けたといわれる「床机石」が、今でも山頂に残されています。晴れた日には名古屋の中心部まで見渡せます。