色金山に兵を進めた徳川家康は、秀吉方の様子を伺いながらこの御旗山の頂上に進軍し金扇の馬標を立てました。