武将たちが血のついた槍や刀を洗ったためこの名前がついた池があったところで、今は住宅街の公園になっています。また、隣接の交通児童遊園内には、武将が鎧をかけたとされる「鎧かけの松」が残されています。

The pond in Chinoike Park is said to be the place where warriors washed their bloodsoaked swords after the Battle of Nagakute.